・・・患者による患者の為の医療検証サイト・・・ 北海道の一般人 中村栄一

     
   

お知らせ
『中村栄一のブログ』



 新提案“ワサリ”と言う考え方  シックハウス症候群の疑惑
 医者に病気は治せない  アトピー性皮膚炎の不思議
 ガンは異なもの医に反するもの  インターフェロンと丸山ワクチン
 医が栄える異な社会  現代医学の弊害と贖罪
 クスリによるクスリの為のリスク  不治の病・難病奇病の正体
 スローウイルスの恐怖  コンピューティングロガ


  ガストン・ネサンの「ソマチッド論」   ダーウィンの誤解 
 タミフル(リン酸オセルタミビル)   ヒトヘルペスウイルス 6型
 キャンサー・クレブス・カルキノス   コンピューティングロガ 
 アナフェラキシー・ショック  ガンは病気にあらず 
  異論「骨髄造血」: 正論「腸造血」    似非医薬・似非医療の実態  
 置き去られた“ホリスティック”    脱・依存共犯関係 
 



医療を過信し、医者やクスリに依存し続けると免疫や自然治癒機能は必然的に低下する。
<筆者からのメッセージ>を開きます。
 病気やケガを合理的に処置した場合、医療や医薬のリスクが生体機能を蝕む危険がある。



医者と患者の馴れ合いを“依存共犯関係”と言うそうです。
自分や家族・友人や隣人の命や健康を気遣い、医者やクスリに救いを求めるのは
自由です。 と言うより、社会の風潮かも知れません。
それが、最善の選択で理に適っていれば、何の問題もありません。
しかし、医者と患者の間に慣習と妥協が続くと、医療の目的さえ曖昧になります。
子々孫々受け継がれて来た免疫を忘れ、安易に化学合成されたクスリに依存する
と、生体の自己防衛機能は知らず知らずの内に低下します。
「完治は望みません。ただ苦痛だけを癒して下さい」そんな関係が、不可解な病気
を生む元凶になります。
対症療法剤が副作用を齎し、複雑怪奇な病気を造り出すのです。
医学が進歩し、難病奇病が増え続ける不思議な現象がそれです。
それは、ガンや白血病だけではありません。 あらゆる病気が、医療・医薬の代償
として出現し、終いには収集が付かなくなるのです。

唯一の打開策は、依存共犯関係からの脱却です。
決して、医療を否定する事ではありません。 単に、医療に対する過剰な期待を
抱かない事、その一点に尽きます。
薬害や医療過誤が、病気より恐ろしい現実を認識する必要があります。
命や健康を守るの為に、“現行医療を批して正す”妥協のない真実の追究が、
論理や倫理と共に求められます。

メールアドレス> 
sparrows@nifty.com

『現代医学の功罪』に関し、サイトの文章引用&転載は自由です。
なお、異論・反論なんでも構いません。メールで、お知らせ頂ければ幸いです。



Merits and demerits of present age medicine  Since 2003